インバウンドニュース

欧州委員会『旅行を安全に再開し、2020年以降にヨーロッパ観光の復興に向けてのガイダンス』を発表

欧州委員会(EC)は5月13日、観光業者と交通機関を対象に、『旅行を安全に再開し、2020年以降にヨーロッパの観光を復興するためのガイダンス』を発表した。このガイダンスでは、EU加盟国がロックダウン解除後に健康上の予防措置を講じながら徐々に旅行制限を解除し、観光業を再開できるようにするための推奨事項を提示している。

類似した状況の地域間、加盟国間での制限からの解除を推奨

まず、自由に移動し、国境を超えて旅行することが観光のカギを握るとした上で、国ごとの感染状況によって制限の解除ができない場合は、類似した状況にある地域間、および加盟国間で制限を解除するなど、段階的かつ協調的なアプローチをするよう提案している。また、その際には同様の状況にある全ての地域または国からの旅行を許可するなど、非差別的な方法で解除すべきであると明記している。

旅客輸送:なるべく接触を減らし、できたら乗客数も減らす

次に、航空、鉄道、道路および水路による旅客輸送の安全かつ段階的な復旧のための原則を提示。乗客と乗員、または乗客同士の接触を制限し、可能であれば乗客数を減らすといった対策をとるよう推奨している。さらに、交通機関を利用する際にはマスクの着用を義務付け、乗客が新型コロナウイルスの症状がある場合は適切な手順に従うよう呼びかけている。

宿泊業:医療システムや、監視、検査体制、接触者の追跡も

ホテルなどの宿泊施設に対しては、宿泊客と従業員の健康を保護するために、観光活動を安全かつ段階的に回復させるための基準を提供している。この基準には、地元の人々や観光客のための十分な医療システムの確保や、監視と検査体制の強化、接触者の追跡など、疫学的根拠に基づいた基準が含まれている。

キャンセル方法や期間などにも言及

このほかにもアプリで感染の可能性に関する情報を受信できるようにする制度や、旅行者がキャンセルした交通機関(飛行機、電車、バス、フェリーなど)のチケットをパッケージ旅行のバウチャーもしくは現金の払い戻しのどちらかを選択できる制度を設ける。12カ月間有効の魅力的なパッケージ旅行を提供することで現金での払い戻しを極力減らし、旅行会社への負担を軽減させるためだ。バウチャーを使わなかった場合は1年後に返金される仕組みになっている。

SUREプログラムにより、最大で1000億ユーロ支援

また、ECは欧州投資基金とともに、危機に見舞われた10万社もの小規模事業者に最大で80億ユーロ(約9,268億円)の資金を提供し、「SUREプログラム」(失業リスク緩和のための緊急支援プログラム)による経済的救済により、EU加盟国の時短勤務手当に対し、EUが最大で1000億ユーロ支援することを可能にする仕組みを作っている。

(やまとごころ編集部)

 

 

編集部おすすめ関連記事:

UNWTO 観光に関する経済復興、プロモーション、制度構築の復興支援パッケージ 加盟国へ提供

世界217の国・地域で渡航制限、166カ国 地域で国境封鎖 欧州は9割以上—UNWTO報告

【コロナ:世界の動きまとめ】EU、旅行制限緩和へ。観光業、夏のバカンスシーズンに間に合うか?

 

 

 

関連インバウンドニュース