インバウンドニュース

2020/5/16~5/22注目記事TOP5:国内で観光業のコロナ対応ガイドライン発表、安心 安全に向けた対策進む

1位

緊急事態宣言解除に向けて観光業界のガイドライン続々と出揃う、日本政府 入国制限を3段階で緩和の方向で調整

先週14日、日本でも観光業界のコロナウイルス対応ガイドライン(第1版)が出そろい、国内でも緊急事態宣言解除に向けての動きが活発化し始めた。
宿泊業は宿泊施設におけるガイドラインとホテル業におけるガイドラインが発表された。大浴場の人数制限や浴場での貸しタオルの中止や、ブッフェでは手洗いや手指の消毒の徹底とマスク着用などが盛り込まれている。

続きはこちら

 

2位

IATA 旅客需要の2シナリオ解説、国際線回復は2024年と予測。各政府に検疫隔離の回避を強く要望

国際航空運送協会(IATA)はこのほど、新型コロナウイルスによる航空便の需要減が中期的に拡大し、うち、長距離・国際旅行が最も深刻な影響を受けることを示す新規見通しを発表した。
IATAは、今回の見通しで基本的シナリオと悲観的シナリオの2つを示している。

続きはこちら

 

3位

2020年4月訪日客数、統計史上最少99.9%減の2900人。1-4月も64.1%減に

日本政府観光局(JNTO)が5月20日に発表した2020年4月の訪日外国人数は、前年同月比99.9%減の2900人だった。2019年4月のわずか0.1%に過ぎず、これで7カ月連続で前年同月を下回ることになった。単月の訪日外国人数としては、JNTOが統計を取り始めた1964年以降、過去最少だった。また、1月から4月の合計は394万2800人(前年同期比64.1%減)となった。

続きはこちら

 

4位

トリップアドバイザー世界6カ国の旅行者にアンケート、6割以上が旅行を重要視。行き先決定の基準は国ごとに差も

世界最大の旅行プラットフォームを運営するトリップアドバイザーが、新型コロナウイルス感染症の世界的な流行による旅行者の意識の変化についてアンケート調査を行い、結果を発表した。調査は2020年4月に、日本をはじめアメリカ、イギリス、イタリア、オーストラリア、シンガポールの計6カ国において過去12カ月間に旅行を経験した意思決定者を対象に実施、各国約400の回答を集計したもの。

続きはこちら

 

5位

中国人・台湾人の訪日意欲を調査、コロナ終息後「2020年中に来日したい」中国は6割超

新型コロナウイルス感染症が終息した後の訪日旅行に関する調査を、訪日外国人向けプロモーションや越境EC支援を手がけるペイサー株式会社が中華圏を対象に実施した。中国人771名、台湾人107名の合計878人を対象に、オンラインアンケート形式で4月下旬に行った。

続きはこちら

関連インバウンドニュース