インバウンドニュース

登山情報サイト「HIKES IN JAPAN」インバウンド客向けに登山情報を公開。オススメルート全100コースに

山岳・自然分野のメディア事業を手がけるインプレスグループの株式会社山と溪谷社は、英語版登山情報サイト「HIKES IN JAPAN」に、訪日外国人客が日本で登山をする際に事前に知っておきたい情報を新たに公開した。全国の登山・ハイキングガイドも新たに11コースが加わり、100コースとなった。

訪日外国人客が日本での登山前に知っておきたい情報として、山に登る際に必要となる登山計画書の提出や万が一に備えて加入しておくべき旅行傷害保険、自国とは必ずしも同じでない山で守るべきマナーやルール、登山中の危険と緊急時の対処についてなどが掲載されている。

登山・ハイキングガイドは日本アルプスを中心に全国から厳選した登山コースを収録しており、そのターゲット層は主に欧米豪、個人ハイカーを想定している。日数、距離、技術レベルなどのコースの基本情報と、高低図などを含めた山域の概要、コースの魅力、歩き方などが訪日外国人観光客向けに分かりやすく解説されている。今回追加となった11コースは、東京からアクセスのしやすい関東平野を望む筑波山や、八ヶ岳の中央分水嶺ロングトレイル、バラエティ豊かなルートが楽しめ東海地方で人気のある御在所、九州では宝満山や由布岳など。

一つの山域であっても登山道が複数あり、コース取りの選択は日本人でも難しい。このガイドの特徴としては、初めて日本の登山をすることを想定したオススメの登山コースの紹介や、難しい山用語などをネイティブにより英語に翻訳したものと日本語のローマ字表示を並列で記載、日本人とのコミュニケーションが取りやすいように配慮されている。

(やまとごころ編集部)

関連インバウンドニュース