インバウンドニュース

国交省、羽田国際線の増枠で日米航空会社とも「1日12便」を正式決定、今後の焦点は日本の航空会社への配分へ

国土交通省は2019年8月21日、羽田空港の昼間時間帯の発着枠について、日米の航空当局間協議の結果、2020年夏期(2020年3月29日~)から、日米双方の現行5便に12便を追加し、1日17便にすると発表した。深夜早朝時間帯はそれぞれ1枠ずつと変わらない。

出典: トラベルボイス

https://www.travelvoice.jp/20190821-136526

関連インバウンドニュース