インバウンドニュース

富士山登山鉄道構想 山梨県「しっかり説明していく」 専門家からは反対論

富士山の山梨県側の麓と5合目を結ぶ「富士山登山鉄道」構想の実現可能性を議論する同県の検討会(会長・御手洗冨士夫経団連名誉会長)が、有料道路「富士スバルライン」上に次世代型路面電車(LRT)を走らせるのが「最も優位性が高い」とする構想骨子をまとめた。

関連インバウンドニュース