オーストラリア人芸者、紗幸さん!!:スタッフブログ

日本で活躍する外国人


みなさんこんにちは。
今回で二回目の記事を書かせていただきます、ETです。

少し前にずいぶん暖かくなったな~と思っていたら、月曜日には雪が降り、寒い日が続いていますね。そんな中、受験帰りの小学6年生を電車で見かけると、過去の自分を思い出し、思わず頑張れ!と言いたくなる今日この頃です。

さてさて、今回はみなさんにご紹介したい方がいます。
私の通う大学に、先日ある芸者さんが来校されました。
その方はなんと... オーストラリア人なのです!

彼女の名前(芸者名)は紗幸さん。メルボルンに生まれ、15歳の時に交換留学生として初来日。慶応義塾大学で初の白人系女学生として学び、オックスフォード大学院では日本文化を専攻された文化人類学者、という顔を持つ才女です。数年間日本の企業に勤めたのち、フィールドワークの一環として、彼女は日本人以外誰一人正式に就いたことのない職業を目指します。それは「芸者」。東京浅草の置き屋で修業ののち、外国人初の芸者としてデビューしました。現在は世界中で講演をしたり浅草でお茶会に出席したりと多忙な毎日を送っていらっしゃいます。

私が彼女のことを知ったのは、二年前オーストラリアを旅している際立ち寄った本屋で見かけた雑誌。講演前からいったいどんな方なのだろう、とわくわくしていましたが、実際の紗幸さんはとっても着物の似合う上品な方で、素敵なスマイルの持ち主でした。

講演では生い立ちを始め、実際のお仕事やお稽古の様子を話されていました。学生から「ハリウッド映画SAYURIについてどう思うか」と聞かれた彼女は「あの映画のもとになった小説が芸者という文化を海外に広めたのは事実。でも残念ながら映画には間違った描写が多いですね。特に可笑しいのはあの見せ場の踊り。幽霊みたいに登場した主人公が激しい踊りを披露していたけれど、もちろん実際の芸者があんな風に踊らないということはみなさんご存じだと思います。ハリウッドの製作者にとって、日本舞踊は十分にセクシーではなかったようですね」と苦笑されていました。

そんな紗幸さんから、お知らせです!
彼女は現在、半玉(芸者見習い)を募集中。大学生の方でも、踊りや歌に興味がある方なら大歓迎だそうです。(詳しくはこちらhttp://www.sayuki.net/)日本文化を世界に伝えたいと思っている女性の方。紗幸さんと一緒に世界を回り、日本文化を紹介する大使になってみませんか!?

Share |

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

http://www.portal-japan.co.jp/cgi/mt4/mt-tb.cgi/9278

コメントしてください
※コメントを画面に反映させるには画面の更新をしてください。

コメントを投稿する前に利用規約を必ずお読みください。




(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)


画像の中に見える文字を入力してください。

トップページに戻る:インバウンドビジネスプラットフォーム「やまとごころ.jp」

プロフィール

スタッフブログ

やまとごころ.jp を運営するスタッフのブログです。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31