「インターンシップ体験談」カテゴリ一覧 : スタッフブログ

インターンシップ体験談

eigo_internship.jpg

氏名 H.A

大学  学習院大学
専攻  文学部

インターンシップ期間 3ヶ月

プログラム  実践型・海外ウェブマーケティング・インターンシップ

自己紹介

私は現在、学習院大学文学部で心理言語学を学んでいます。1年間の学部留学の経験から、将来は国籍や経験の異なる人と一緒に信頼関係を築きながら働きたいと考えています。また、「日本ブランド」(日本の質のよい製品やサービス)を海外に発信していく仕事に携わりたいと考えています。

ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

私は、海外留学の経験を通じて、将来は国籍や社会経験の異なる人達と一緒に仕事がしたいと考えるようになりました。ポータル・ジャパンには、国籍や経験も多種多様な方々が働いていることから、当インターンシッププログラムを志望しました。また、日本を海外に発信していくお手伝いをする、という事業に興味をもったことと、本プログラムがいわゆる「体験型」または「セミナー型」などのものとは異なり、長期間型で、より実際の職務に近い経験をできると考えたことも重要な点でした。

internship2.jpg

ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

インターン生であっても「これについてあなたはどう思う?」といったように意見を求められたり、単純作業だけではなく考えることが求められる作業を任せてもらえたことです。社員の方々が、お客様のために熱意をもって仕事をされているところを常に見ていましたので、私自身も、「お客様に私たちの仕事の価値を感じてもらうためには、どうすればいいのか」と考えながら仕事に取り組むようになりました。

また、電話対応、来客対応、イベント実施のお手伝いなど、お客様と直接やり取りをする機会もあり、それまであまり意識してこなかった「聞き取りやすく」「柔らかい」話し方など、社会人になるために重要なスキルも身につきました。


ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

雰囲気は優しくて暖かみがありますが、仕事は情熱とスピード感をもってこなす、という印象です。また、常に従業員の方同士が相談し合ったり、意見の交換をし合ったりしていて、とてもコミュニケーションの円滑な職場だと思います。これは、一人だけでする仕事ばかりではないこと、また、言語や専門知識など、一人ひとり異なる強みをもった方が集まっている職場だからこそだと思います。

IMGP5802(small).jpg

これからインターンされる方へのアドバイスは?

私は3年生の11月から始めたため、だんだんと就職活動が忙しくなってきてしまい、学業とインターンシップ、就職活動の両立がやや困難な時期もありました。ですので、もしインターンシップの参加を迷っているのでしたら、すぐにでも挑戦してほしいです。大学等での専攻が活かせるという方はもちろんですが、全く知識のない方でも、また日本語が得意でない方も、熱意さえあれば大丈夫です。きっと多くのことを学び得ることができると思います!

【インターンシップへの応募】
英語を活かす海外ウェブマーケティングインターンシップ募集要項

インターンシップ体験談

internship_inbound_10.jpg

氏名 Y.K

大学  学習院大学
専攻  心理学

インターンシップ期間 3ヶ月

プログラム  実践型・インバウンド・インターンシップ

自己紹介

学習院大学、文学部心理学専攻、日本在住歴21年、ゆくゆくは英語の教師になって、国外で英語を教えたいです。

ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

日本の良さを世界に発信できると考えたからです。その一つの手段として、インバウンドはとても有効であり、業界についての知識を身につけたいと思い、インバウンド事業部でインターンをすることを決めました。

internship2.jpg

ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

正社員の方だけでなく、インターン生も留学生がいて、海外経験が豊富な人たちに囲まれて仕事をするのは刺激的でした。また、基本的な事務作業からイベントの手伝い等、様々な仕事を経験できたことです。社員の方は、一つ一つ仕事のやり方を教えて下さり、又、その都度フィードバックをいただくことで、何気ない日々の作業に意味を見出し、何故その作業を行うのかを意識するようになりました。社会人としての働き方を学ぶことができて、非常によかったです。

ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

社員の方は仲が良く、雰囲気はとても和やかです。一方で、仕事には厳しく、ONとOFFの切り替えが素早くできる社員さんが多いと思います。

IMGP5802(small).jpg

これからインターンされる方へのアドバイスは?

常に学ぶ姿勢を忘れないことです。何気ない瞬間にも、社員さんや自分の失敗から学ぶことは多いです。又、日々の振り返りは自分の成長の為にとても大事なので、一日の仕事を振り返って、次に繋げることを忘れないでください。

【インターンシップへの応募】
訪日旅行業界をもっと知る!インバウンド・インターンシップ募集要項

インターンシップ体験談

internship.jpg

氏名 R.A

大学  早稲田大学
専攻  英文学

インターンシップ期間 3ヶ月

プログラム  実践型・インバウンド・インターンシップ

自己紹介

早稲田大学文学部英文学コースの2年生です。年少期をアフリカで過ごし、小学校は日本、中高はタイのインターナショナルスクールで過ごしました。今後は、どんなかたちであれど、日本の魅力を海外に発信していく仕事に携わりたいと思っています。

ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

大学のOBの方に、英語をつかって働けるインターンシップがある、と紹介を受けたのがきっかけでした。英語を使いながら、会社・社会のマナーが学べる良いチャンスだと思い、このインターンを選びました。

internship2.jpg

ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

とってもグローバルなオフィスで、日本語や英語だけでなく、中国語や韓国語も飛び交っていて、とてもおもしろい場所だと思います。英語でビジネス的なことを話したり、論理的な会話をしたりする良い練習にもなりました。

またニュース更新の際の、英訳も、普段使わないような単語がバンバン出てくる中、翻訳するのが、むずかしくもあり、とてもおもしろかったです。ニュース更新のネタ探しで、いろんな情報がたくさんはいってきたのは、とても良かったと思っております。

インバウンドのイベントに参加させて頂けたのも、良い経験でした。とくにJNTO主催のTravel Martでは、個々でやまとごころの宣伝をし、とっても貴重な社会体験ができたと思っています。

ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

とってもいいとおもいます。そう思うのも、社員の方との距離がとても近いからだと思います。インターン生も、社員の方も、全員がお互いを認識できていて、あたたかい雰囲気のオフィスで、様々な知識に富んだ方々と働けるのは、とても有意義な経験でした。また、私たちが持つ疑問などに毎回毎回親身に答えて頂く事ができ、個人のステップアップを応援してくれる雰囲気はなかなかないと思います。

internship3.jpg

これからインターンされる方へのアドバイスは?

普段の生活ではなかなか感じることができない、不思議な雰囲気のオフィスで英語を使いながら、社会人のマナーなどを学べるのは、とてもいい経験になると思います。インバウンドのイベントなどにも社員の方と一緒に参加できるのは、PJならではだと思います。

【インターンシップへの応募】
英語も活かせるインバウンド・インターンシップ募集要項

インターンシップ体験談

internship_inboundtourism.jpg

氏名 S.K

大学  中央大学
専攻  法学部

インターンシップ期間 3ヶ月

プログラム  実践型・インバウンド・インターンシップ

自己紹介

中央大学、法学部
こちらでのインターンシップを希望したときのように、今後も可能であれば旅行業界において日本を発信していき、日本人と日本以外に住む人との出会いの場や学びの場を作っていきたいと考えています。

ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

将来はホテルや旅行業界、コンベンション業界などツーリズムやインバウンドに関わる仕事を通じて日本を海外に売り込んでいく役目をしていきたいと思っていたので、ポータルジャパンでのインターンシップを通じてインバウンド事業を実践で学んでいきたいと思い応募しました。また、3か月という長いスパンでじっくりと社会経験ができるというところも魅力でした。

ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

社会人としての経験を積むことができた点です。パソコンスキルや敬語の使い方、電話対応やビジネスメールの作成など、実際の経験の中で多く学ぶことができました。また、自分の文章がPJ代表する文章として掲載されるという責任を感じながらのニュース更新やその他の記事掲載も良い経験になりました。

internship_inboundtourism_class.jpg

ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

会社全体で常に業務、職場環境において改善を意識しているところに魅力を感じました。
また、一人一人の社員の方が、インターン生にとても親身になってアドバイスやサイトの作成の仕方、プレゼンテーション指導などを行っていただいたことや、お昼休みの食事に誘っていただくなど、社員の方にとても感謝しています。

これからインターンされる方へのアドバイスは?

一つ一つの活動に目的を持って動くことをお勧めします。
また私は、英語版サイトの作成に携わらせていただくにあたり、作成者との情報共有は大切であるととても思いました。自分で考え、行動すると同時に常に同じ活動を行っている方と意見や方向性をすり合わせていくことで、新しいアイディアを見つけることや、目的から逸れずに進めることができると感じました。

いろいろな人の意見を聞きながら、目的と挑戦する姿勢を持って頑張ってください。


【インターンシップへの応募】
訪日旅行・インバウンド・インターンシップ募集要項

インターンシップ体験談

web_marketing_intern.jpg

氏名 K.W

大学  上智大学
専攻  地球環境学研究科

インターンシップ期間 3ヶ月

プログラム  実践型・海外ウェブマーケティング・インターンシップ

自己紹介

智大学地球環境学大学院在学の王です。2009年4月に中国から来た留学生です。自分は大学院卒業する後、日本の企業に就職出来るよう頑張っています。具体的に自分はマーケティング系の仕事をしたいです、会社の規模は関係なく縁のある会社と出会いたいです。この三ヶ月インターンシップの間で、自分の就職活動に対して貴重な経験を頂きました。PJの皆様、本当にありがとうございました!就活頑張ります!

ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

この三ヶ月間、「なぜベンチャーを選んだのか?」と友人からよく聞きました。自分の答えは、より良い働く環境の真実と触れ合うことが出来るのです。自分の周りの就職生の多くは、大企業のインターンシッププログラムを申し込みまして、最少二三日最長二週間ぐらいのインターンシップをしてましたが。殆ど見学だけで、まともな仕事は出来なかった。数日間をかけて、勉強したことが少なく、インターン先の企業は一体どのような仕事を知っているかはっきり分かっていない、社長の顔さえも見ることが出来なかったと自分に言いました。実際に「働く」ことを通して、仕事の真実を理解するのがPJで出来た。本当に就職に対する宝のような経験だと思います。

web_marketing_internship.jpg

ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

9月からPortal Japan(PJ)で三ヶ月のインターンシップをさせて頂きました。インターンシップを通して、日本企業文化をしっかり理解しました。会社のインターン生向けのセミナーを通して、ビジネスマナーや考え方も学ぶことが出来ました。他の留学生と差別化することも出来ました。PJで本当に良かったです。会社でも何名の外国人の社員もいらっしゃいますので、日本語だけではなく、英語や中国語も活用出来ます。メールのやり取りや、仕事の内容なども多数の言語を使う場合が多いです。

ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

会社の雰囲気は非常に和やかです。社員の方は皆運動好きです。一緒にフットサルを誘ってもらい、休日でも充実に運動して、凄く楽しかったです。

international_student_internship.jpg
これからインターンされる方へのアドバイスは?

留学生の皆様へ:
困難のときは、自分は当初どのような気持ちを持って日本へ留学すると決意したんですか?あのときの自分を思い出してください。そして、あのときの勇気を思い出してください!絶対に就職できるよう頑張ってください。

そして、日本人学生の皆様へ:
日本人として誇りを持って、留学生に絶対負けないでください!

【インターンシップへの応募】
インターンシップ募集要項

インターンシップ体験談

japan_travel_internship.jpg

氏名 S.A

大学  駒澤大学
専攻  国文

インターンシップ期間 3ヶ月

プログラム  実践型・インバウンド・インターンシップ

自己紹介

駒澤大学 文学部 国文学科3年 相澤枝穂です。大学では、日本語を専攻していて、日本語の発生時期や方言、発生原因などを勉強しています。

出身は宮城県石巻市で、大学で上京しました。趣味は一人旅で、日本庭園や芸術作品を観ることがすきです。その中でも、吹奏楽や抽象画が特に好きです。

将来は、旅行会社やホテルなど、人々に「非日常」を提供する仕事に就きたいと思っています。いずれは海外で広い家でのんびり暮らしたいと思っています。

ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

海外に関われる企業と、旅行関係の仕事が出来る企業でインターンシップをやりたいと思っていたので、どちらも可能なポータルジャパンがぴったりだと思い、応募しました。

ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

一つめは、学生では経験できないこと、例えば東京REPへの取材などができたこと。さらに、電話対応や来客対応など、これからの就活、仕事に役立つことが先立ってできたこと。多くの人に出会えたこと、自分の社会的役割の新たな発見ができたこと。


IMGP5413.JPG

ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

皆さんそれぞれの距離が近く、親しみやすい雰囲気でした。ピリッとする雰囲気もあれば、協力して仕事をする雰囲気、メリハリのある雰囲気がとても良かったです。さらに、仕事に対する熱意などもひしひしと伝わってきました。


これからインターンされる方へのアドバイスは?

まず行動!適度に考えて行動することはとても大事ですが、その理性や考えが邪魔をして行動できないのなら、何も考えずに行動して、ダメだったら改善して、いいねといわれたらもっと伸ばしていくという考えでインターンをしていました。行動できないと信頼度が減ります。

【インターンシップへの応募】
訪日旅行・インバウンド・インターンシップ募集要項

インターンシップ体験談

english-internship.jpg


氏名 Y.Y

大学  津田塾大学
専攻  英文学

インターンシップ期間 3ヶ月

プログラム  海外ウェブマーケティング・インターンシップ

自己紹介

津田塾大学学芸学部英文学科、愛媛県松山市出身です。



ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

私が当社のインターンを希望した理由は、2つあります。


 一つ目の理由は、ポータル・ジャパンの「日本をもっと日本へ」という企業理念に共感したからです。私は、米国留学中に行った新聞社とマーケティング会社でのインターンを通して、国境を越えたビジネスをする際にウェブサイト上の言語の互換性と情報量が不十分さが壁になることを実感しました。ポータル・ジャパンは「日本が世界に出ていく」にはという課題に真剣に取り組んでいるため、当社インターンを決断しました。


 二つ目の理由は、海外ウェブマーケティングへの興味・関心・挑戦です。ウェブは、かつて私の一番苦手な分野でした。しかし、当然それが将来に必要不可欠であることも既知の事実でした。苦手なことへの耐性と乗り越える力を試す機会として、海外ウェブマーケティング部を持つ当社のインターンを選択しました。


internship_english.jpg
ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

一つ目は、インターンの主体性を尊重してくれる点です。アイデアに耳を傾けてくれ、その実行に向けたサポートもしてくれました。出張への同行では、必ず意見を求められ対等に見てくれているという印象を受けました。


二つ目は、英語で話す機会が多くあったことです。社内で英語を使うこともありましたし、イベントに同行した際には海外からのお客様の対応で英語を使っていました。特にビジネス英語は帰国後は話す事がなかったので、大変貴重な機会でした。


ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

社員とインターンの距離がとても近いです。物理的にも近いですし、相談や質問があればすぐに聞けるという点で、親密感もあります。勤務日は昼食を一緒に食べ、勤務外でも個人的に交流しています。こういったコミュニケーションを通して、仕事での信頼関係信頼関係が気付かれていると感じます。



これからインターンされる方へのアドバイスは?

主体性と積極的に学ぶ意識を大切にして頂きたいです。インターンのプログラムもまだまだ改善出来る点や課題があり、このプログラムはみんなで構築していくものだと考えています。日々のタスクと並行して、新鮮なアイデアを提案していって頂きたいと思います。



【インターンシップへの応募】
留学生にも人気のインターンシップ募集要項

留学生の皆さんからのご応募お待ちしております!

インターンシップ体験談

internship.JPG
氏名 S. S. Y

大学  培花女子大学
専攻  日語通翻訳科

インターンシップ期間 3ヶ月

プログラム  実践型インバウンド・インターンシップ

自己紹介

韓国のソウル出身で、今培花女子大学に通っています。学校では日本語はもちろん文化、韓国語と両方翻訳する方法を学んでいます。

今回は学校の勉強システムの中で海外研修活動を申し込んで四カ月間日本で生活することになりました。一ヶ月は日本語学校でしたのでインターンは三ヶ月間でした。初めての会社なので最初は心配していましたが、会社の皆さんから学んでもらいながら無事にインターンを終了することができました。これから韓国で大学を卒業し、日本と韓国の文化交流に関する仕事をしたいと思います。


ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

私は学校から紹介してもらいましたが、やまとごころやポータル・ジャパンサイトに入ってみて、これから私がやりたい事とすごく関係があると思いました。それでポータル・ジャパンでインターン活動をしながら、インバウンドに関して学びたいと思いました。



ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

まず、日本の会社で働く貴重な経験ができてよかったと思います。そして、仕事だけではなく勉強会やセミナーなどが社内でも社外でも行うので学校では学べない事もあります。

最後の日に自分でテーマを決めて社内でプレゼンをするこ事もよかったです。あまり学校では人の前で自分の意見を述べながら機会がありません。やはり緊張はしますが、プレゼンを準備している中でいろいろ学ぶ事ができました。


internship_english.JPG


ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

最初は仕事している間は静かで、ずっとパソコンで作業するのになれていなかったですが、会社の皆が自分の仕事しついて愛情を持ち、熱心で仕事をしている姿を見て私も自分で満足する仕事を見つけしていきたいと思いました。




これからインターンされる方へのアドバイスは?

ポータル・ジャパンは最初これからしたいこと、何をついて学びたいのかを聞き、それに合わせて仕事をいただけます。それで自分が興味がある分野にもっと学ぶことができます。仕事だけではなく、会社の中でのマナーや雰囲気なども学べるのでインターンの間に積極的にいろいろ経験して欲しいです。



【インターンシップへの応募】
留学生にも人気のインターンシップ募集要項

留学生の皆さんからのご応募お待ちしております!

インターンシップ体験談

internship_programme.JPG
氏名 R.F

大学  青山学院大学
専攻  文学部フランス文学科

インターンシップ期間 3ヶ月

プログラム  実践型ウェブマーケティング・インターンシップ

自己紹介

東京生まれ東京育ち。といっても、残念ながら区民ではなく郊外。自然いっぱいの田舎に住んでいます。

青山学院大学文学部フランス文学科。日仏対照学のゼミに所属していて、
現在は日本とフランスの都市計画について調べ、全てフランス語で発表しています。

国際ボランティアサークルに所属。ボランティア活動や旅行に興味があります。いつか世界中を旅するのが夢です。趣味はカフェ巡りです。

ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

理由は2つあります。
まず1つは、震災後外国人観光客が減っているなかで、インバウンド事業としてどのようなことをしていくべきかということについて、また、SEOなどのwebマーケティングについて学びたかったからです。
2つ目は、働くとは何かということを学び、今後の将来を考えるための参考にするために社会勉強をしたかったからです。

IMGP4995.JPG


ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

webマーケティングについての知識が身についたことです。社員の方々にサポートをして頂きながら、約3ヶ月間Facebookについての案件に携わってきました。どのような考え方やプロセスで制作していくのかということを学び、1つのものをゼロから創っていく流れ、その後のマーケティングについて教えていただきました。


ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

多国籍メンバーが在籍しているので、どのような雰囲気なのか少し不安でした。正直、第一印象は静かな職場なのかなと思いましたが、沢山交流していくうちに、皆さんの人柄が分かってきて、アットホームな会社だなと思うようになりました。

internship_english_web_marketing.JPG


これからインターンされる方へのアドバイスは?

分からないことがあったら、どんどん質問していってください。皆さん優しいので、忙しい中でも丁寧に対応してくれます。あとは、メンバーが多い場合はPCが足りないので、自分のPCを持参することをお勧めします。

【インターンシップへの応募】
英語も向上する! webマーケティング インバウンド インターンシップ募集要項

インターンシップ体験談

inbound_internship_programme_1.jpg

氏名 I.M

大学  亜細亜大学
専攻  経営学 ホスピタリティ・マネジメント学科

インターンシップ期間 1ヶ月

プログラム  実践型インバウンド・インターンシップ

自己紹介

亜細亜大学 経営学部 ホスピタリティ・マネジメント学科3年生です。将来は、スポーツを通じた地域振興に携わりたいと思っております。



ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

私は、ゼミで観光について学んでいます。自分たちが学んできたことを実践しようと、大学にいる中国人留学生を対象にした東京観光ツアーを実施しました。


1回目は非常に好評で2回も開催することになりました。そこでポータル・ジャパンでインバウンドの知識を得ることで2回目のツアーに還元出来るのではないかと考え、志望しました。



ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

考えの幅が広がったことです。

今までは自分の考えることがすごく苦手で、思い立ったらなりふり構わず行動していました。しかし、仕事を進めていくうちに、社員の方々からたくさんの意見を頂いて、自分の考えの幅が広がりました。就職活動において、日常生活においても非常にためになりました。


inbound_internship_program_2.jpg

ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

インターンの方が多い!と感じました。夏休み中であったせいかとても活気にあふれていいました。同じ学年の方、将来、同じ方向に就きたいと思っている方々いてとても話しやすかったです。


社員の方々も丁寧に仕事を教えてくださり、インターンという甘えは一切なく、段々と仕事をやる責任感が湧いてきました。




これからインターンされる方へのアドバイスは?

目標を常に意識することが大切だと思います。インターンシップだから、学生だから、という甘えでは取り組んではいけません。就職活動をする前の準備段階です。さまざまな知識を得ることが出来るので自分の中で整理するといいと思います。




【インターンシップへの応募】
英語も向上する! webマーケティング インバウンド インターンシップ募集要項

インターンシップ体験談

inbound_internship_intern_2.jpg


氏名 C.E

大学  同志社大学院
専攻  総合政策科学研究科

インターンシップ期間 1ヶ月

プログラム  実践型インバウンド・インターンシップ

自己紹介

同志社大学院総合政策科学研究科、修士一年です。専門は観光政策で、インバウンド観光に対する行政のPR政策について研究を進めていこうと考えています。
趣味は国内外での一人旅で、今これを書いているのも中国を旅行している最中です。旅行や大学での活動の中で、日本びいきを増やしたいという結論に至り、大学院まで研究を続けることになってしまいました。なお、今回のインターンシップには、基本的に研究活動の一環として参加させて頂きました。



ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

私は大学院で観光政策、特にインバウンド観光を専門として学んでいます。しかし、そこでの研究が地域振興のための観光というスタンスに偏りがちであることに疑問を抱き、国家的事業としてのインバウンド観光をもう少し広い視点から見る方法がないかということを常々考えていました。

また「現場を大事にする」という観点から、インバウンドに携わる機関や企業に研究フィールドとして入りたいという希望も持っておりました。ただ、ホテルや旅行会社といった直接的に外国人観光客と接する分野よりは、そういった企業を支援する組織の方に大きく心惹かれていたため、JNTOや観光庁といった政府系の組織、または民間でそういった取り組みをしているところはないだろうかと考えました。

結果ほとんど必然的に、国内最大級のインバウンド専門ポータルサイトを運営している企業、つまりポータル・ジャパン株式会社の存在に行き当たりました。しかもインターン生を積極的に採用しているとあって、「ここだ!」と直感的に感じ、インターン採用に応募致しました。

当時は会社の存在をWebでしか見ておらず、また少々遠方に住んでいたため事前に会社訪問をすることができませんでした。そのため本当に自分が求める知識や経験が得られるのかと不安もありましたが、インターンを終えた今はその直感が至極正しかったことを感じています。




ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

ひとつは、自身の研究の方向性が定まったことだと思います。実は今年5月初旬くらいまでは、インバウンド観光を専門とすることを必ずしも定めていたわけではありませんでした。しかしインターンを続ける中で、そもそも何故それをやりたいと感じたのか、結局今インターンでやっていることはどんな意味があるのかを考え続け、そして取材などで他の企業の方々とも交流を持つうちに、「自分がやろうとしていることは、こんなにも大きな意味がある」ということを肌で感じることができました。

結果として、このテーマに生涯取り組み続けていくことに迷いがなくなったことが、私にとって大きな成果となったと思います。

もうひとつの成果は、これから始まる就職活動に大きなアドバンテージが生まれたことだと感じています。特に頼まれごとを確実にこなしていくという行為やプレゼン能力に対して、自信を持てるようになったことが大きな進歩である思います。

まず何か頼まれごとをされて、それに着実に遂げていくべく努力することで、次からもその仕事を頼まれたり他の仕事を任せてもらえるようになっていったことに、とても大きな嬉しさとやりがいを感じました。

そして自分のやっていることの価値ややりがいの大きさに確信を強めていくことができた結果として、プレゼン能力も格段に向上したと思います。本来私は本当にプレゼンが苦手で、本番が近づくと緊張のあまり胃痛と吐き気を覚えるほどでした。当然プレゼンそのものも「順番や話し方が悪くて、何を言っているのかわからない」と言われることが多々あったため、プレゼンが苦手であることが長年の悩みでした。

しかしインターン最終日のプレゼンでは、迷いがなくなった結果、自身も驚くほどに楽しくて仕方のないプレゼンをすることができ、それを見て下さった社員の方々や他のインターンの方々に「とてもわかりやすかった」「参考になった」などのお言葉を頂くことができました。これは自身にとって、とても大きな成長であったと感じています。


inbound_internship_intern_1.jpg

ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

それぞれのお仕事が忙しい中でも私達インターンにも業務を事細かに教えてくれましたし、それ以外での場面でも全体的に和やかな雰囲気であったと思います。

また、社員の方々が各々マイペースに仕事をされているという印象と、仕事に対してお互いに信頼関係が成り立っている印象を受けました。私には皆さんがずっと昔からの同僚のように見えたので、「実は入社数ヶ月なんです」なんて方もいて本当に驚きました。

また毎日のミーティングで、前日の良かったニュースや社員・インターンメンバーの良かった点などを共有していたことからも、意識的に良い雰囲気を生み出そうとする努力が感じられました。




これからインターンされる方へのアドバイスは?

インターンというのはとにかく短い期間ですので、能動的に動くことを意識する必要があると思います。アドバイスになるかはわかりませんが、具体的に私が心がけていたこととしては、できるだけ「何をすればいいですか?」と聞かないことがありました。

例えば「○○をしてもよろしいですか?」など、今何ができるかを最初は自分で考えて、それに対して許可を求めるという姿勢を大事にしていました。そうすると自分がするべきことを常に考える癖がつきますし、相手の方にも比較事例があることで「今はそれよりも××をやって下さい」などの反応をしやすくなると考えています。

もしどうしてもわからないなら「今そちらで私ができることはありますか?」と相手のタスクの中から選んでもらうようにします。できるだけ相手の方の考える時間を長くしないために、選択肢や対案をこちらから提供し、それから指示に従うという姿勢がインターンにおいては大切だと私は思います。




【インターンシップへの応募】
英語も向上する! webマーケティング インバウンド インターンシップ募集要項

インターンシップ体験談

internship_business_japanese.jpg


氏名 O.K

大学  武蔵野大学
専攻  言語文化 ビジネス日本語コース

インターンシップ期間 2週間

プログラム  短期ビジネスインターンシップ



自己紹介

武蔵野大学言語文化研究科言語文化専攻ビジネス日本語コースのもうすぐ2年生になります。出身は中国の山東省です。あと一年で卒業します。卒業後は日本で就職したいです。今回のインターンシップを機会、本格的に就職を向けて準備してきます。



ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

旅行に興味があるので、日本の魅力のところをもっともっと知りたいと思いました。


ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

日本の会社の雰囲気を体験でき、いろいろな研修を受けて勉強になりました。毎日の報告をしたり、フィードバックを見るのも楽しみにやっていました。加瀬さんや村山さんからいろいろなアドバイスを受けました、本当にありがとうございました。"


ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

自由で皆仲良く、効率いく仕事をやっています。会社は小さいだけど、暖かい雰囲気でした、また機会があれば皆さんと一緒に仕事をやりたいです。


これからインターンされる方へのアドバイスは?

時間を有効活用し、積極的に仕事に励んで下さい。



【インターンシップへの応募】
英語も向上する! webマーケティング インバウンド インターンシップ募集要項

インターンシップ体験談

inbound_internship_SEO_1.jpgのサムネール画像


氏名 R.I

大学  立教大学観光学部交流文化学科
専攻  文化人類学専攻

インターンシップ期間 2ヶ月

プログラム  インバウンド&海外ウェブマーケティング・プログラム


自己紹介

立教大学観光学部交流文化学科
文化人類学専攻
アメリカ6年滞在、1年交換留学

今後は共に働く社員が国籍の壁を越えて共に一緒の現場で働いている会社に勤める
または、海外と交渉してビジネスをしたい

ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

私がポータルジャパンを選んだ理由は以下3点です。

1.大学での専攻に関連のある事業内容の国内最先端の貴社で、民間企業が進めるインバウンド観光について知り、観光学部生として恥のない状態で卒業したいと考えたため。

2.大学を卒業し、就職してから求められる姿(態度や姿勢)を本格的に就職する前から学んでおきたいと考えたため。

3.一つの仕事がどのようなプロセスを経て成り立っているのか、そのプロセスを知り、その過程にある問題の改善方法などの対処の仕方を知るため。


ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

私がポータルジャパンで働いて最も良かったと思う点は、学生のレベルで物事を考えてはいけないということを常に考えて行動しようという思いが強くなったことです。

私は、初日から報告メールのテンプレートの使い方から、頼まれた仕事の細部(文章の体裁・書式設定・エクセルの体裁・フォント)など学生時代は学生だからしょうがないと許されていた部分まで、毎回指摘されていました。

また、やる気があっても声が小さい・背筋が伸びていない等、印象づくりの面でも指摘を受けました。

毎回指摘を受けても時間のことが気になってしまい、なかなか仕事を求められた形でできたりできなかったりといった事を繰り返していました。

インターンの最後を締めくくる、最終プレゼンの準備でも同じような指摘を受けてしまいました。 

しかし、繰り返しご指摘を頂いた経験のおかげで、このままでいけないという危機感を強く感じました。また、「専門的な知識などではく、自分でもわかるようなミスは自分で見つけられるようになる」という課題を見つけることができました。


inbound_internship_SEO_2.jpgのサムネール画像

ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

初回はインターン生がいなかったため、社員のみなさんは自分のお仕事に追われ、必死に何も言わずお仕事をなさっていたため、会社で働くとはこういうことなのかっと以降のインターンに不安を抱いたことを今でも覚えています。

しかし、仕事を進めていく上で質問をすれば詳しく丁寧に対応していただき、メンター制度や目標設定の機会を設けて頂き、「自分から変わっていきたい!」と思えるような環境を作って頂きました。

少ない社員数ですが誰一人としてかけてはならないという雰囲気が働く責任感や自分の意義が感じられる良い雰囲気だと感じました。

これからインターンされる方へのアドバイスは?

ポータルジャパンのインターンはどちらの部門を選んでインターン生に有益だと思います。

web マーケティング部門は、エンジニアに興味があるかたでないととりかかりにくいと思いますが、SEOの基礎知識はもとより、文系ではあまり使わないエクセルの知識も得ることができ有益です。

また、やまとごころ部門は、インバウンド観光の推進というと政府主体で民間というイメージはあまないと思いますが、民間企業がどのような戦略をたててこの事業を支えているのかが分かり、インバウンド観光の最先端が学べると思います。


【インターンシップへの応募】
英語も向上する! webマーケティング インバウンド インターンシップ募集要項

インターンシップ体験談

engineer_internship_2.jpg


氏名 Maung Soe Pyae Win

大学  日本工業大学
専攻  情報工学

インターンシップ期間 1ヶ月

プログラム  エンジニア・プログラム


自己紹介

現在、日本工業大学情報工学科の3年生に所属しております。出身はミャンマーで、3年前に来日しました。ソフトウェアやプログラミング等、Web関連やマーケティング等に興味を持って勉強しております。将来はウェブデベロッパーとして社会に貢献をしたいと思っております。

ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

‐海外向けのWebマーケティングに興味を持ち、日本語以外に英語の活用もできる。
‐ポータルジャパンが日本人だけではなく、多くの留学生などを受け入れている。
‐社員たちのなかでも多国籍の方々がいて、異文化コミュニケーションが取れる。
以上がポータルジャパンを選んだ理由である。

ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

とてもよかった点はメンター制度です。メンタ制度というのは一人のインターン生に対して面倒やフィードバック等をしっかりやってくれる社員が一人いることです。メンター制度によって業務の内容がより早く理解でき、いろいろなことにサポートされるのです。


engineer_internship_1.jpg


ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

家族みたいな環境でぬくもりを感じるのです。仕事を選ぶとき、自分と当てはまる環境が一番大事です。ポータルジャパンは落ち着いている環境で仕事しやすい雰囲気あります。


これからインターンされる方へのアドバイスは?

私の場合は短期でしたが、いろいろなことは社会のことがたくさん勉強になりました。長期でインターンされる方も是非おすすめします 。世の中でグローバル人材が求めており、ポータルジャパンなら自分グローバル人材になるようにま磨くことができるのです。


【インターンシップへの応募】
IT部門/エンジニア・インターンシップに興味のある方は直接recruit@portal-japan.co.jpまでご連絡ください。

※ご参考までに海外ウェブマーケティングとインバウンド・インターンシップ募集要項の詳細はこちらをご覧下さい。

インターンシップ体験談

internship_1.jpg


氏名 Y.K

大学  獨協大学
専攻  外国語

インターンシップ期間 1ヶ月

プログラム  インバウンド&海外ウェブマーケティング・プログラム


自己紹介

獨協大学外国語学部交流文化学科3年生です。大阪府出身で大学から、埼玉に住んでいます。将来はアメリカで働くことを目標とできる、かつ日本を海外にアピールする仕事に就きたいと、漠然ではありますが思っています。

ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

もともとインバウンドに興味があり、就職活動サイトでたまたま見つけたことがきっかけでした。またアメリカに留学して、外から日本を見ることに興味が持ったことも一因です。今のままでなく、海外の人に日本をもっと知ってもらう、興味を持ってもらうことに携わりたいと思い、インバウンドというキーワードでインターンシップ先を探しておりました。その中でもっとも影響力のある存在がポータル・ジャパンだと思い、インターンシップに応募しました。

ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

主張すれば、叶えていただけることです。能動的にやりたいことや目標などを設定し、具体的なビジョンがあればインターン生の希望を叶えていただける、柔軟さはポータル・ジャパンならではだと思いました。そのことによって、自主性も伸びました。また受け身ではない、主体性を持った行動の仕方を覚えました。その他、社会人として、働くことにおいての基礎を学びました。きめ細やかなご指導もまた、ポータル・ジャパンで働いて良かったなと思う点です。


internship_2.jpg


ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

最初はいわゆる大手と呼ばれる会社でない分、閉鎖された雰囲気なのかな、と思いました。しかしながら、実際は和気藹々とし、自分の意見を聞いてもらえる和やかで良い意味で自由な雰囲気でした。また、困ったことや自分では対応できないことがあれば、すぐに誰かに指示を仰ぐことができる環境は良かったです。そして、社員の方々、インター生に関わらず、お昼ご飯をご一緒できたことはすごく楽しかったです。


これからインターンされる方へのアドバイスは?

インターンシップをする以上、どんな形であれ、社会の一員になるわけですから自分のやることに責任を持って取り組んでください。そして、常に自分がどうなりたいか、どうしたいのかを考えてください。きちんとした意志の伴った行動は意義があります。頑張ってください。


【インターンシップへの応募】
英語も向上する! webマーケティング インバウンド インターンシップ募集要項

インターンシップ体験談

inbound_ryugakusei_short_internship_2.jpg


氏名 H.L

大学  武蔵野大学
専攻  大学院 言語文化研究科

インターンシップ期間 3週間

プログラム  短期・海外ウェブマーケティング・プログラム


自己紹介

初めまして、武蔵野大学大学院言語文化研究科ビジネス日本語コースの黄と申します。趣味はアニメ、漫画、音楽、映画鑑賞、バスケットボール、ビリヤード。日本在住5年目です。

ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

大学では電子情報の学部だったので、パソコン関係の仕事をやってみたかった事と旅行や買い物が好きなことからインバウンドに興味を持ちました。

ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

インバウンドや旅行関係の仕事に接触すること。また、多言語作業に接触すること。

inbound_ryugakusei_short_internship_1.jpg

ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

スタッフ全員優しいです。なにか困ることがあったら、いろいろ教えてくれるから、とてもいい雰囲気だと思います。

これからインターンされる方へのアドバイスは?

①ビジネス上よく使われるパソコンソフトを熟練した方が仕事に役に立つ。
②できれば、日常生活でよく美しい物事を、小さな物事でも心で感じて記憶に刻む。
③時間を有効に利用する。

【インターンシップへの応募】
英語も向上する! webマーケティング インバウンド インターンシップ募集要項

インターンシップ体験談

inbound_short_internship_1.jpg


氏名 M.K

大学  一ツ橋大学国際・公共政策大学院
専攻  グローバル・ガバナンスプログラム

インターンシップ期間 2ヶ月

プログラム  インバウンドプログラム


自己紹介

・大学名:一橋大学国際・公共政策大学院
・専攻:グローバル・ガバナンスプログラム
・出身:神奈川県
・日本在住暦:22年
・今後の見通し、将来の希望:観光業、マスコミ、コンサルティング

ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

従来より国籍や育った環境の違いによって、異なる価値観、文化の相違を持つことに関心があり、将来は観光業や旅行業など国境を越えた交流に携わる職に就くことを志望しています。インバウンド観光の促進を目標とされているポータル・ジャパンでのインターンは、希望する職種を経験できる貴重な機会であるとともに、志望業界に関して知見を深められると考え、インターンを志望しました。

ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

多様な人々と交流できたことです。社員の方々はもとより、セミナーや懇親会を通じて観光業界で活躍されている方のお話を聞けたり、学部・学年を越えたインターン生との交流など、他では得ることのできない人とのつながりを得ることができたと思います。

inbound_short_internship_2.jpg

ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

アットホームな雰囲気だと感じました。社員の方同士のコミュニケーションが光であることはもちろんですが、インターン生に対しても分け隔てなく気軽に話しかけていただき、非常に過ごしやすかったです。こうした雰囲気に関して、取締役である村山さんが挨拶の徹底やメンター制度の設定など、率先して社内の雰囲気向上に向けて積極的な取り組みを実施されていることから、リーダーの意識が会社全体に行き渡っているという印象を受けました。

これからインターンされる方へのアドバイスは?

ぜひ自発性をもってインターンに望んでほしいと思います。ポータル・ジャパンは希望すればチャンスを与えられる場です。自分が何をやりたいのか、何を得たいのか、自分の希望を伝えればそれを行うためのチャンスやアドバイスなど、社員の方から手厚いサポートをいただくことができます。ぜひ自分が関心のある事柄に果敢にチャレンジして、自分の可能性を広げてください。

【インターンシップへの応募】
英語も向上する! webマーケティング インバウンド インターンシップ募集要項

インターンシップ体験談

inbound_intern_japan_1.jpg


氏名 W.M

大学  駒澤大学
専攻  地域環境研究専攻

インターンシップ期間 3ヶ月

プログラム  実践インバウンドプログラム


自己紹介

駒澤大学、文学部、地理学科、地域環境研究専攻、4年。ポータルジャパンでのインターンを終え、今は実際にインバンドに取り組んでいる企業で新たにインターンをしています。今後は、インターンの経験を活かし、自分の夢である、自然の中で外国人との交流の場を作ることを目指して頑張っていこうと思っています。

ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

インバウンドに興味があり、インターネットで検索し最初に出てきたのが、ポータル・ジャパンが運営する「やまとごころ.jp」で、何回かイベントのお手伝いや、やまとごころカフェに参加し、インターンをやればもっとインバウンドについて幅広く知ることが出来ると思ったから。

ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

まずは、今のインバウンドの現状、今後の動向などについて幅広く知ることが出来たこと。日々のニュース記事の投稿でも情報を得ることが出来るが、それよりも、イベントの懇親会やトップインタビューの同行で直接インバウンドに携わっている方とお話しできたことが、非常に勉強になった。

イベントの営業では、営業という体験が初めてということもあり、非常に緊張したが、60件以上も回ることで自信につながり、自分が成長したのを一番実感できた体験だった。

普段の作業では、電話対応や優先順位を決めて行う仕事の進め方、来客対応、プレゼンの仕方など、今後どの企業でも必要なスキルを丁寧に教えていただいたことで、今の企業のインターンでも非常に役に立っている。


inbound_intern_japan_2.jpg


ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

基本的に皆さんやさしいが、がつがつしている肉食系だった。わからないことがあれば丁寧に教えていただけ、お勧めの本なども紹介していただいたり、仕事以外のことも教えていただき、非常に楽しい雰囲気でした。

これからインターンされる方へのアドバイスは?

最初は、なれないことがあって大変かもしれないけど、
間違いなく、今までとは違う経験ができ、自己成長や就職活動にも非常に役立つインターンだと思います!

【インターンシップへの応募】
英語も向上する! webマーケティング インバウンド インターンシップ募集要項

インターンシップ体験談

inbound_internship_2.jpg


氏名 M.U

大学  ネブラスカ州立大学カーニー校
専攻  旅行・観光学

インターンシップ期間 3ヶ月

プログラム  実践インバウンドプログラム


自己紹介

ネブラスカ州立大学カーニー校。旅行・観光学専攻。将来は旅行業界に関わる仕事に就きたいと考えていますが、旅行業界に限らず視野を広くもって他の業界もみてみたいです。

ポータル・ジャパンのインターンシップを選んだ理由は?

ポータル・ジャパンではインバウンド事業を展開しており、将来は旅行業界に関わる仕事に就きたいのでインターンシッププログラムに応募しました。

ポータル・ジャパンで働いて最も良かったと思う点は何ですか?

インバウンド事業だけでなく、今まで知らなかったSEOも3ヶ月のインターンシップ中、学ぶことができました。観光庁との仕事にも関わることができ、とても勉強になりました。また、イベントでは旅行業界の方々とお話する機会もあり、今後の就職活動に大いに役立つ情報や経験話が聞けて有難かったです。

inbound_internship_1.jpg

ポータル・ジャパンの会社の雰囲気は?

業務内容に関わらず、みなさんアドバイスしてくれるので、自分が成長するには良い環境だと感じました。

これからインターンされる方へのアドバイスは?

自分が任された仕事をこなすだけでなく、効率良く進める方法や改善点などを考えながら取り組めたら素晴らしいと思います。向上心を忘れず頑張ってください!


【インターンシップへの応募】
英語も向上する! webマーケティング インバウンド インターンシップ募集要項

トップページに戻る:インバウンドビジネスプラットフォーム「やまとごころ.jp」

プロフィール

スタッフブログ

やまとごころ.jp を運営するスタッフのブログです。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31