通訳案内士試験概要 - にっぽんのインバウンド観光(訪日外国人旅行)を熱くする、やまとごころ.jp

通訳案内士試験概要

第1次試験(筆記)

1. 外国語

全国通訳案内士の業務を適切に行うために必要な読解力、日本文化等についての説明力、語彙力等の総合的な外国語の能力を問うものとする。外国語は、英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、中国語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、韓国語、タイ語
マークシート方式、または、マークシート方式及び記述式の組み合わせ(外国語により異なる)。120分。100点満点で原則として70点が合格基準。

2. 日本地理

外国人観光旅客が多く訪れている又は外国人観光旅客の評価が高い観光資源に関連する日本地理についての主要な事柄(日本と世界との関わりを含む。)のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識を問うものとする。
マークシート方式、40分。100点満点で原則として70点が合格基準。

3. 日本歴史

外国人観光旅客が多く訪れている又は外国人観光旅客の評価が高い観光資源に関連する日本歴史についての主要な事柄及び現在の日本人の生活、文化、価値観等につながるような日本歴史についての主要な事柄(日本と世界との関わりを含む。)のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識を問うものとする。
マークシート方式、40分。100点満点で原則として70点が合格基準。

4. 一般常識

現代の日本の産業、経済、政治及び文化についての主要な事柄(日本と世界との関わりを含む。)のうち、外国人観光旅客の関心の強いものについての基礎的な知識(例えば、試験実施年度の前年度に発行された「観光白書」のうち、外国人観光旅客の誘客に効果的な主要施策及び旅行者の安全・安心確保に必要となる知識、並びに新聞(一般紙)の 1 面等で大きく取り上げられた時事問題等)を問うものとする。
マークシート方式、20分。50点満点で原則として30点が合格基準。

5. 通訳案内の実務

通訳案内の現場において求められる基礎的な知識(例えば、旅行業法や通訳案内士法等の業務と密接に関係する法令に関する基本的な内容や実際に通訳案内業務に就くにあたっての訪日外国人旅行者の旅程の管理に関する基礎的な内容等)を問うものとする。
マークシート方式、20分。50点満点で原則として30点が合格基準。

第2次試験(口述)

外国人観光旅客が多く訪れている又は外国人観光旅客の評価が高い観光資源に関連する地理、歴史並びに産業、経済、政治及び文化についての主要な事柄のうち、外国人観光旅客の関心の強いものを題材として、受験者に通訳案内の業務を擬似的に行わせることにより実施するものとする。
口述、10分程度。以下の評価項目ごとに合格基準点が設定され、合格基準点(原則として7割)に達しているか否かで合否を判定。

-評価基準-
  • プレゼンテーション
  • コミュニケーション(臨機応変な対応力、会話継続への意欲等)
  • 文法及び語彙
  • 発音及び発声
  • ホスピタリティ(全国通訳案内士としての適切な受け答え等)

出典:観光庁ホームページ

https://www.mlit.go.jp/common/001283294.pdf
通訳案内士メルマガ登録