平成25年度通訳案内士試験から新たに導入される筆記試験科目免除について : 通訳案内士ニュース

ニュース分類

月別バックナンバー

通訳案内士試験

「通訳案内士試験ガイドライン」が改訂され、「筆記試験科目免除」に以下が追加された。

1.外国語筆記試験(フランス語)の免除について
公益財団法人フランス語教育振興協会が実施する実用フランス語技能検定試験の一級に合格した者が、フランスによる通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験(フランス語)を免除する。

2.外国語筆記試験(ドイツ語)の免除について
公益財団法人ドイツ語学文学振興会が実施するドイツ語技能検定試験の一級に合格した受験者が、ドイツ語による通訳案内士試験を受験する場合は、外国語筆記試験(ドイツ語)を免除する。

3.日本歴史の免除について
大学入試センター試験の日本史Bについて60点以上を得た者が通訳案内試験を受験する場合は、日本歴史についての筆記試験を免除する。

4.産業、経済、政治及び文化に関する一般常識の免除について
大学入試センター試験の現代社会について80点以上を得た者が通訳案内試験を受験する場合は、産業、経済、政治及び文化に関する一般常識についての筆記試験を免除する。

http://www.jnto.go.jp/jpn/interpreter_guide_exams/pdf/guideline25.pdf

トップページに戻る:にっぽんのインバウンド観光(訪日外国人旅行)を熱くする、やまとごころ.jp

通訳案内士メルマガ登録

2019年6月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30